ウォーターサーバーの水の種類

ウォーターサーバーの選び方の一つのポイントとして、届けられる水があります。
ペットボトルのミネラルウォーターに様々な種類があるように、ウォーターサーバーもメーカーによって届けられる水が異なります。


ウォーターサーバーで届けられる水には大きく天然水とRO水の2種類に分けられます。

天然水は自然から採取した天然の水でミネラルを豊富に含んでいます。それに対してRO水というのは、水道水などの原水を特殊なフィルター(RO膜)を通してろ過した水のことを言います。

そこでまず、天然水が良いか、RO水が良いかを選択しなければなりません。

そこでもう少し詳しくこの両者を違いを比較する必要があるのですが、RO水に使われるRO膜は0.0001ミクロンという非常に細かいフィルターで、不純物を除去することができます。



そのためRO水は本当に綺麗な水と言えます。安心、安全な水を飲みたいというのであればRO水はおすすめです。

ただ、高性能のフィルターは不純物を除去するだけでなく、ミネラル成分まで除去してしまいます。

赤ちゃんにはむしろ最適なのですが、大人が飲む場合はミネラルが必要です。

そこで後からRO水にミネラル成分が添加されているものもあります。それに対して天然水はミネラル成分が豊富に含まれています。

各地方の名水が厳選されており、好みに合わせて選ぶことができます。



ただ天然水も安全に飲むことができるようにある程度ろ過されたり、殺菌されたりしています。