災害対策としてウォーターサーバーを利用するメリット

ウォーターサーバーを利用すればいつでも好きな時にミネラルウォーターやアルカリイオン水を飲んだり、料理に利用することができます。

ボトルは定期的に配達してくれるので、ペットボトルの水を購入して自宅まで運ぶ必要もありません。

ウォーターサーバーは普段の生活の他に、災害や停電・断水に対する備えとしても活用することができます。
大規模な災害が発生すると、電気や水の供給がストップします。



建物が倒壊したり地割れが起こるほどの地震ではなくても、強い揺れで送電設備の故障や給水管の破断によって水や電気が使えなくなる場合があります。



夏の雨不足による渇水で給水制限が実施され、計画的な断水が行われるケースもあります。自然災害以外にも、道路工事の際に誤って水道管を破損して断水が起こることがあります。集合住宅であれば数年に一度の頻度で、給水設備のメンテナンスや修理作業のために計画的な断水が実施される場合もあります。

集合住宅は水道水をポンプで上層階に汲み上げているため、停電が起こるだけでも給水ポンプが停止して水道が使えなくなってしまいます。

マンションで停電が起こると水道とエレベーターが使えなくなるので、上層階に住んでいる人は重い水を持って階段を上って部屋まで運ばなければなりません。



ウォーターサーバーを利用すれば使用中のボトルの他に予備のボトルも保管してあるので、水道が断水した場合でも飲用水や調理に使用する水を確保することができます。災害対策用に防災用品をストックする際にも、ウォーターサーバーを利用していれば非常用水を保管するスペースが不要です。